スポッターズ的ひこうき写真館                                               飛行機


スカイマークエアラインズ

設立;1996年11月12日、運航開始は1998年9月

羽田⇔福岡のみを2機体制で運航中であったが、2002年3月14日に3号機を導入し、この3号機を用いて2002年4月18日から羽田⇔鹿児島を開設した。

2003年4月25日からは、4号機を導入して羽田⇔青森、羽田⇔徳島を開設した。

かつて、福岡⇔伊丹、伊丹⇔新千歳を運航していたが低価格設定にもかかわらず大阪人に定着せずに撤退した。
¥¥¥にはとても細かい関西人に受け入れ性がなかったことは以外であった。PR不足か???

広告収入GETを目的として機体には全面広告が施されていた。広告主との契約期間満了に伴い、定期的に塗装が変更されていた。

なお、導入当初の機材であるB767-300は2009年12月を以って全機リースバックされ、機材はB737-800に小型化され12機体制での多頻度運航へと戦略変更した。

*********************************************************************
A330-343

JA330A

JA330B

JA330D

JA330E
2014年6月14日から羽田〜福岡に就航
ゆったりとしたグリーンシートと無料のWi-Fiサービスを備え、導入キャンペーンのミニスカート制服で話題をさらった。
んが、
スカイマークは法的整理による経営再建の途につき、この型は2015年1月31日を以って運航を停止してしまった。

*********************************************************************
A380
2010年11月8日、スカイマークはエアバス社とA380の導入に関する基本合意を締結した。
2014年を目処に6機(確定発注)を国際線機材として導入する計画、2018年以降さらに9機を導入して15機編成にする方針となっていた。
んが・・・。
計画は頓挫。
契約は破棄され、A380の導入は水泡に帰した。

*********************************************************************
B737-86M

JA737H

JA737K

JA737L

JA737M

JA737N

JA737P
2006年2月16日に開港予定の神戸空港と羽田空港を結ぶ路線に投入予定である。

*********************************************************************
B737-800 ウィングレット付き

JA737Q


JA73NA


JA73NL

JA737R

JA73NB

JA73NM

JA737T

JA73NC

JA73NN

JA737U

JA73ND

JA73NP

JA737X

JA73NE

JA73NQ

JA737Y

JA73NF

JA73NR

JA737Z

JA73NG

JA73NT



JA73NH

JA73NU



JA73NJ

JA73NX

JA73AA

JA73NK

JA73NY
ウィングレットが装着された。
路線投入は2008年6月19日であった。

*********************************************************************
B737-81D 星空ジェット
ポートサイド
JA73NQ
スターボード
JA73NQ
就航20周年を記念した特別塗装機である。
新規参入会社の先駆けとして、日本の空を変えた当時のスピリットを、今再びライブラリーに込めている。

*********************************************************************
B737-800 ワンピースジェット
ポートサイド

JA73NG

JA73NF

JA737T
スターボード

JA73NG

JA73NF

JA737T
路線デビューは2014年7月19日
2014年夏のキャンペーンとして登場した。
夢に向かってひたむきに走る作品の世界観に共感したスカイマーク側から、コラボレート企画として持ち込まれた。
運航予定期間は2014年10月19日までで、全部で5機にマーキングが施された。

*********************************************************************
B737-86N ヤマトジェット
ポートサイド
JA73NG
スターボード
JA73NG
運航開始は2017年2月24日
機体に「宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち」のデザインが施されている。
ポートサイドには宇宙戦艦ヤマト、スターボードには主人公の古代進と森雪がデザインされている。
2018年夏ごろまで運航される予定となっている。

*********************************************************************
B737-86N タカガールジェット
ポートサイド
JA73NJ
スターボード
JA73NJ
スカイマークがオフィシャルスポンサーを務める、プロ野球「福岡ソフトバンクホークス」の応援をコンセプトにデザインされている。
「タカガール」とは福岡ソフトバンクホークスの応援女子の愛称で、それに合わせ機体はピンク色を基調としたデザインが施されている。
運航期間は2017年5月からプロ野球公式戦のシーズン終了までとなっていた。

*********************************************************************
B737-86N 二代目タカガールジェット
ポートサイド
JA73NU
スターボード
JA73NU
ピンクをベースとしたカラーリングは初代と相違はないが、二代目では2019年のタカガールユニフォームのキラキラした女性の輝きを表現している。

*********************************************************************
B737-800 タイガースジェット(2016年版)
B737-8HX


JA73NL
B737-81D


JA73NM
2016年4月27日登場
開港10周年を迎えた神戸路線を盛り上げるための新戦略で、阪神タイガースを応援するロゴが機体後部に入った。

*********************************************************************
B737-86N タイガースジェット(2017年版)
ポートサイド
JA73NK
スターボード
JA73NK
二代目タイガースジェット
デビューは2017年7月

*********************************************************************
B737-8FH Tigers 3rd
ポートサイド
JA73NR
スターボード
JA73NR
お披露目は2018年11月30日
三代目のタイガースジェットである。

*********************************************************************
B737-86N ボブスレージェット
ポートサイド
JA73NT
スターボード
JA73NT

*********************************************************************
B737-86N 日本ハムファイターズ応援号
ポートサイド
JA73NX
スターボード
JA73NX
路線就航は2019年3月18日
ポートサイドには日本ハムファイターズのマスコットであるフレップ君、スターボードには球団のロゴが描かれている。

*********************************************************************
B737-86N B.LEAGUE JET
ポートサイド
JA73NY
スターボード
JA73NY
路線就航は2019年3月4日
ポートサイドとスターボードで異なるイラストは、「スラムダンク」や「リアル」などのバスケ作品で知られる漫画家 井上雄彦によるものである。

*********************************************************************
B767-281

JA8255
2003年4月25日からの新路線(羽田⇔青森、羽田⇔徳島)開設に伴い導入され、2004年9月にはリースバックされてしまった。
尾翼には、白鳥座の5つ星が描かれている。5つ星はトップクオリティ、サークルラインは調和とチームワークを表している。
白鳥座は「みにくいあひるの子」がさまざまな困難を乗り越えつつもやがて「白鳥」へと成長していったことに由来している。

*********************************************************************
B767-300 新塗装

JA767D

JA767E

JA767F
発表は2005年2月1日
2005年3月路線デビューの新塗装

*********************************************************************
B767-3Q8/ER

JA767A

*********************************************************************
B767-3Q8/ER DIREC-TV

JA767A
記念すべき1号機の初めての広告主は「DIREC-TV」であった。飛行中の機内ではDIREC-TVのキャンペーンが行われていた様である。

*********************************************************************
B767-3Q8/ER YAHOO

JA767A
1号機に施された2番目の広告主は「YAHOO」である。

*********************************************************************
B767-3Q8/ER ヤマト車検
ポートサイド
JA767A

JA767A
スターボード
JA767A

JA767A
2003年3月13日に登場した。
スポンサーは自動車整備大手(カーコンビニ倶楽部)のヤマト車検である。
絵柄となっているのは「宇宙戦艦ヤマト」でこれはヤマト車検が宇宙戦艦ヤマトをイメージキャラクターとして起用している事に由来する。
ポートサイドとスターボードではパターンが異なっているので要注目!

*********************************************************************
B767-3Q8/ER マイクロソフトスカイネットクルーザー

JA767B
導入2号機の初めての広告主は「マイクロソフト」

*********************************************************************
B767-3Q8/ER J-PHONE

JA767B
導入2号機の2番目の広告主は「J-PHONE」

*********************************************************************
B767-3Q8/ER USEN

JA767B
2002年11月23日に路線デビューした「USEN」号
機首部分にはヘッドフォン、主翼付近に「Music Always」のコピーが記載されている。

*********************************************************************
B767-3Q8/ER オールホワイト

JA767C
2002年4月18日の 羽田⇔鹿児島 路線の運航に伴い導入された機材である。
日本へのフェリー当日の写真であるため、機体に広告が付いていない状態となっている。
フェリー時のコールサインは、「Sky Mark 767 Charlie」であった。

ボーイング社の新造機で、ILFC社よりリースした機体である。
座席数は254席(普通席230席、スーパーシート24席)となっている。

*********************************************************************
B767-3Q8/ER オリジナル塗装

JA767C
3号機にスカイマークのロゴが付いた。

*********************************************************************
B767-300/ER
新塗装
JA767A

JA767B

JA767C

JA767D

JA767E

JA767F
旧塗装
JA767A

JA767B

JA767C

JA767D

JA767E

JA767F
4号機(JA767D)は2003年9月26日に羽田〜福岡でデビューした。
この機体の製造番号は30847 つまりレキオス航空がJA01LQとして登録していた機体である。

*********************************************************************
トーイングカー

羽田


トップへ  戻る


BC SKY SKYMARK AIRLINES