スポッターズ的ひこうき写真館                                               飛行機


エミレーツ航空


設立は1985年10月25日  日本への乗り入れ開始は2002年10月、2010年3月28日からは成田空港にも乗り入れを開始した。

A380を大量(45機)に発注していることで注目されている。

*********************************************************************
A310-300F
2005年7月に1機、2006年1月に2機導入され3機体勢で運用される。貨物搭載能力は39トン

*********************************************************************
A330-200
2003春には関西国際空港に定期就航していた。

*********************************************************************
A340-313

A6-ERO
2004年5月から関西国際空港に就航中

*********************************************************************
A340-313 FIFA WORLD CUP GERMANY 2006 

A6-ARH
2006年サッカーワールドカップのロゴが胴体後部に貼り付けてある。

*********************************************************************
A340-541

A6-ERE

A6-ERG

A6-ERH
就航は2004年2月(関西国際空港〜ドバイ)

*********************************************************************
A340-541 ?のロゴ

A6-ERG
何かのロゴがついているが意味不明。情報お待ちしております。

*********************************************************************
A380-800

A6-EDE

A6-EDN

A6-EDO
初号機の引き渡しは2008年7月28日
導入予定は90機で世界最大のオーダー数となっている。
2008年8月1日から商業運航(ドバイ〜ニューヨーク)を開始し、成田空港には2012年7月1日から飛来するようになった。

*********************************************************************
A380-861 US OPEN SERIES JULY.9-AUGUST.25

A6-EDM

*********************************************************************
A380-800 EXPO 2020

A6-EDP

A6-EEA

A6-EEG

A6-EEK

A6-EOC

*********************************************************************
A380-861 EXPO 2020

A6-EOL

A6-EON
「EXPO 2020 DUBAI」の開催を記念して就航
機首部分にシンボルマーク、胴体中央部には4000年前の金の指輪をモチーフにしたデザインが施されている。
胴体中央部のデザインカラーはサブテーマにちなんで3色で、オレンジは「Opportunity(機会)」、ブルーは「Mobility(移動性)」、グリーンは「Sustainability(持続の可能性)」を表現している。


*********************************************************************
A380-800 ラグビー ワールドカップニュージーランド大会の特別塗装

A6-EDN
エミレーツ航空は2011年に開催されたラグビー ワールドカップニュージーランド大会のスポンサーを務めた関係で登場した特別塗装機である。

*********************************************************************
A380-800F
導入予定は2機

*********************************************************************
B747-47UF
2006年秋にボジョレーヌーボー空輸便としての飛来実績あり。

*********************************************************************
B777-21H/ER

A6-EMI
2002年10月1日から関西〜ドバイ路線に就航した。

*********************************************************************
B777-21H/ER DUBAI 2003

A6-EMG

*********************************************************************
B777-21H/LR

A6-EWC

*********************************************************************
B777-200F

A6-EFH

A6-EFM

*********************************************************************
B777-300/ER

A6-EBJ

A6-EBQ

A6-ECA

A6-ECJ

A6-ECL

A6-ECO

A6-ECV

A6-ECX

A6-EGT



2006年9月に登場した。

*********************************************************************
B777-31H/ER ワールドカップ2014 ブラジル大会のロゴ

A6-ECH

*********************************************************************
B777-31H/ER EXPO 2020

A6-ECD

A6-EGB
「EXPO 2020 DUBAI」の開催を記念して就航
機首部分にシンボルマーク、胴体中央部には4000年前の金の指輪をモチーフにしたデザインが施されている。
胴体中央部のデザインカラーはサブテーマにちなんで3色で、オレンジは「Opportunity(機会)」、ブルーは「Mobility(移動性)」、グリーンは「Sustainability(持続の可能性)」を表現している。

*********************************************************************
B777-31H/ER 「1000th 777」

A6-EGO
B777は2012年3月2日に通産1,000号機を達成した。
1995年の初就航から約16年後のことであった。
記念すべき1,000号機はエミレーツ航空に納入され、後部胴体には「1000th 777」の文字が記載されている。
因みに、B767は1000号機達成まで29年、B747は1000号機達成まで23年かかった。


トップへ  戻る


EK UAE Emirates Airlines