スポッターズ的ひこうき写真館                                               飛行機


日本エアコミューター

設立;1983年7月1日
1983年に運航開始された路線は奄美大島、喜界島、沖永良部島、徳之島、与論をネットしていた。
鹿児島、伊丹を中心に西日本にネットワークを広げている。拠点空港は福岡空港、鹿児島空港、伊丹空港となっている。

*********************************************************************
ATR42-600

JA01JC

JA04JC
2017年4月から運航を開始した新機材
主に鹿児島と種子島や屋久島などの離島路線に就航している。

*********************************************************************
ATR42-600 コウノトリ号

JA05JC
就航は2018年10月6日
日本エアコミューターが就航する但馬空港を擁する兵庫県豊岡市は、半世紀以上に渡りコウノトリの命を育む取り組みを続けており、この特別塗装はこのような背景をコンセプトとしている。
夕日をイメージしたオレンジ色のバックカラーとともに、大空を翔るコウノトリの雄姿が描かれている。

*********************************************************************
Saab-340B

JA002C

JA8642

JA8704
Saab-340Bはドルニエ228とYS-11の後継機として導入が進められた。
しかし、Saab社は旅客機の生産を中止してしまったため、結局11機を導入したところで導入は終わってしまった。

*********************************************************************
Saab-340B
倉敷チボリ公園
JA8703

JA8887

JA8888
岡山後楽園
JA002C


武蔵
JA8703


コウノトリ但馬空港
JA8642

機体後部にワンポイントマーキングが付いた。

*********************************************************************
Saab-340B 太陽のアーク塗装

JA8594

JA8642

JA8649

JA8703

JA8704

JA8886

JA8887

JA8888

JA8900

JA001C

JA002C

JJ連合塗装機の路線投入は2003年2月1日からで初便は鹿児島→岡山(JAC851便)であった。

*********************************************************************
Saab-340B コウノトリ

JA8887

JA8887

JA8887

JA8887

機体胴体部分に鳥(コウノトリ)が描かれている。

*********************************************************************
Saab-340B 三代目鶴丸塗装

JA8594

JA8642

JA8649

JA8703

JA8704

JA8886

JA001C

JA002C





*********************************************************************
Saab-340B
おきのえらぶ島に行こう
JA8649
ようこそ、但馬へ
JA8642

*********************************************************************
Saab-340B 白装束

JA8704

*********************************************************************
YS-11A-500

JA8717

JA8759

JA8763

JA8766

JA8768

JA8788

JA8805

鹿児島
2006年度までに全機退役予定
YS-11の後継機種としてDHC-8-400(ダッシュ8)が導入された。

*********************************************************************
YS-11A-500 ありがとう日本の翼 YS-11 

JA8717

JA8766

JA8768
路線投入は2005年12月8日
2006年9月30日のYS-11全機退役を記念する特別塗装である。

JA8766;2006年1月15日塗装完了
JA8768;2006年1月23日塗装完了

*********************************************************************
YS-11A-500 ありがとう日本の翼 ステッカー

JA8788

JA8788

JA8788

JA8788

*********************************************************************
YS-11A-500 JAノLのロゴ(機首部分)

JA8771
小さくて見にくいが、機首部分にJAノLのロゴが付いている。

*********************************************************************
保存展示機

JA8776

JA8809

*********************************************************************
DHC-8-Q402

JA841C

JA842C
YS-11の後継機として導入された機種  初号機(JA841C)の受領は2002年10月7日
2003年2月1日から路線運航を始めた。
Q400は静粛性、高速性、快適性をセールスポイントとしている。

初便に就航したのはQ400の初号機であるJA841Cで運航スケジュールは以下の通りであった。

鹿児島(0830) → JAC400便 → 伊丹 (0950)
伊丹 (1020) → JAC473便 → 出雲 (1115)
出雲 (1140) → JAC472便 → 伊丹 (1230)
伊丹 (1300) → JAC475便 → 出雲 (1355)
出雲 (1420) → JAC474便 → 伊丹 (1510)
伊丹 (1600) → JAC479便 → 出雲 (1655)
出雲 (1730) → JAC478便 → 伊丹 (1820)
伊丹 (1850) → JAC401便 → 鹿児島(2015)

*********************************************************************
DHC-8-Q400 太陽のアーク塗装

JA841C

JA843C

JA844C

JA845C

JA846C

JA847C

JA848C

JA849C

JA850C

JA851C
2003年10月15日にJAC061便(鹿児島→奄美大島)としてデビューした。

*********************************************************************
DHC-8-Q400 三代目鶴丸塗装

JA844C

JA846C

JA850C

JA851C

*********************************************************************
DHC-8-Q402 COP10エコ・ハッピーターン号 

JA841C
路線投入は2010年7月22日で伊丹、鹿児島発着路線を中心の全国の17路線で運航された。
ハッピーターンのパッケージデザインと2010年10月に名古屋で開催された生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)のロゴマークが描かれている。
この塗装は、JALと亀田製菓が共同で展開した「飛びたてハッピーターン キャンペーン」に伴い登場した。このキャンペーンの期間は2010年7月21日〜9月30日であった。
因みに、ハッピーターンとは軽い食感のおせんべいに「ハッピーターンパウダー」と呼ばれる塩味の美味しい粉を振り掛けた、亀田製菓自慢のお菓子である。
第一次オイルショックによる厳しい環境下で「幸せ(ハッピー)が戻って(ターン)くるように」との願いを込めて命名された。

*********************************************************************
DHC-8-Q402 白装束

N577UA
元JA842C

*********************************************************************

マスコットのルリー



トップへ  戻る


3X JAC JAPAN AIR COMMUTER