スポッターズ的ひこうき写真館                                               軍用機


航空自衛隊 YS-11

日本が戦後開発した民間の旅客機であるYS-11の軍用型で、航空自衛隊には5タイプ存在する。

初号機の初飛行は1962年8月30日
1965年から1971年までに13機導入された。

民間型のYS-11は退役が進んでいるが、軍用型の余命はまだまだ残っているようで嬉しい限りである。

*********************************************************************
YS-11P ; 輸送機
第402飛行隊
52-1152



第403飛行隊

52-1152

62-1153

92-1156

02-1158

通常の旅客機と内装はほぼ同じだが、胴体前部に簡単なラウンジが設置されている。民間旅客機に比べると簡素化されている。

保存展示
02-1158

*********************************************************************
美保基地開庁50周年記念 ゲゲゲの鬼太郎

02-1158
登場は2008年5月20日
航空自衛隊美保基地(鳥取県境港市)が開庁50周年を迎えるにあたり、第3輸送航空隊に所属する3機種(C-1、YS-11P、T-400)にスペシャルマーキングが施された。
デザインのテーマは、開庁50周年のキャッチフレーズでもある「美保の美しき大空と共に」「地域と歩んだ50年」
機体前方には、美保基地が所在する弓ヶ浜半島をイメージした「50」の文字
胴体から尾翼に伸びた白いラインで大山が表現されている。
垂直尾翼には、地元境港出身の漫画家 水木しげるの「ゲゲゲの鬼太郎」の「一反木綿に乗った鬼太郎と目玉親父」が飛んでいる。

*********************************************************************
YS-11FA

12-1163

*********************************************************************
YS-11PC ; 貨物、旅客兼用
貨物室と旅客用席が設けられたタイプで、短時間で全面貨物室にもアッセンブリすることも可能な機体となっている。

*********************************************************************
YS-11NT;航法訓練機 第3輸送航空隊第403飛行隊(美保)

*********************************************************************
第3輸送航空隊第403飛行隊(美保) 特別塗装

02-1158
航空自衛隊創立50周年を記念して登場した特別塗装
機首にはユニコーン
機首から垂直尾翼まで白いラインが流れている。

*********************************************************************
YS-11FC ; 飛行点検機 飛行点検隊(入間)

52-1151

62-1154

12-1160
1971年から導入した。
航法援助施設などの点検のために運用されている。飛行点検隊は、より安全な飛行を確立するための立て役者である。

*********************************************************************
YS-11もどき

68-2014


主要諸元(YS-11P)
全幅 32.00m
全長 26.30m
全高 8.99m
自重 16,060kg
最大離陸重量 23,500kg
最大速度 480km/h
実用上昇限度 6,100m
航続距離 2,300km
乗員 3名
乗客 46名


トップへ  戻る


JASDF Japan Air Self Defense Force NAMC YS-11