スポッターズ的ひこうき写真館                                            蒸気機関車


機関車 蒸気機関車 加悦SL広場

蒸気機関車 1261

北緯35度28分52秒 東経135度05分34秒

1923年に2両が日本車輌製造により製造されたタンク式蒸気機関車である。

簸上鉄道(現・木次線の一部)の5、6号機として納入されたのち、同鉄道が国有化され、1260形となった。

本形式は英国機を手本に設計され、各地の地方私鉄の開業用や増備用として同形車が納入された。

1943年に2両とも大江山ニッケル鉱業に譲渡され、加悦駅で接続した大江山鉱山の専用線で使われた。

1261は日本ニッケル鉄道に1947年から2年間貸出ののち、加悦鉄道で1967年に廃車となるまで使われた。


主要緒元
機関車重量 32.6トン
シリンダー 直径 356mm
行程 508mm
使用圧力 12.5kg/cm2
全長 8.307m
動輪直径 1,070mm
総走行距離 565,210km


トップへ  加悦SL広場へ
  その他へ