スポッターズ的ひこうき写真館                                               飛行機


日本トランスオーシャン航空

設立;1967年6月20日   運航開始;1967年7月1日

日本航空グループの一員で前身は南西航空
航空自由化により1986年から本土路線に参入したが、中心は沖縄路線である。
羽田空港への乗り入れは1日2〜3便

機体のモチーフは沖縄の太陽と海

フリートはB737-400のみで、B737-200は2002年春までに全機退役した。

頻繁に特別塗装機が出現するが、羽田空港のみの活動ではなかなかGETできない。
那覇空港に遠征するのがもっとも確実な方法である。
私的には撮り残した特別塗装機が数多く存在しているのが残念である。

B737-200 愛称「スカイシーサー」
B737-205
JA8366

JA8528
B737-2Q3
JA8250

JA8475
2001年11月までに2機が退役し、2002年2月9日に最後の1機が退役した。
日本トランスオーシャン航空はB737-200運航する日本国内では最後の航空会社であった。
したがって、2002年2月9日をもってB737-200型機は日本の空から絶滅した。
最終便はJTA222便(久米島18時55分⇒那覇19時30分)

機首にシーサーのイラストあり。
JA8250 「ウェルカムシーサー」 B737-2Q3 2002.08.01登録抹消
JA8282 「ピースシーサー」 B737-2Q3 2000.07.11登録抹消
JA8366 「バンザイシーサー」 B737-205 2002.03.15登録抹消
JA8475 「ガッツシーサー」 B737-2Q3 1999.03.31登録抹消
JA8492 「ゆったりシーサー」 B737-2Q3 2002.08.01登録抹消
JA8528 「ハイサイシーサー」  B737-205 2001.06.28登録抹消

*********************************************************************
B737-4Q3 愛称「スカイマンタ」

JA8523

JA8524

JA8526

JA8597

JA8930

JA8940
日本トランスオーシャン航空の主力機種。
2002年2月9日のB737-200の退役に伴い、全機がB737-400型機で統一された。
那覇空港にはウジャウジャ飛んでいる。

*********************************************************************
B737-400 太陽のアーク塗装
B737-4Q3
JA8523

JA8524

JA8525

JA8526

JA8597

JA8930

JA8938

JA8939

JA8940

B737-4K5
JA8934

JA8953

JA8954


B737-429
JA8931

JA8932

JA8933


JJ連合塗装の1号機となったのは、JA8953で2003年2月3日に勇姿を現した。

*********************************************************************
B737-400 三代目鶴丸塗装 「うちなーの翼」 
B737-4Q3
JA8524

JA8525

JA8597

JA8938

B737-446
JA8991

JA8993

JA8994

JA8995

JA8996

JA8998




2011年7月19日にJTA557便として登場した。
機首部分には「うちなーの翼」と「でいごの花」が描かれている。
「うちなー」とは「沖縄」を意味し、「でいごの花言葉」は「夢と希望」

*********************************************************************
B737-446 南西航空時代のレトロカラー 「SWAL(スワル)ジェット」

JA8999
路線就航は2013年3月6日、SWALとはSOUTHWEST AIR LINESの頭文字
この塗装は日本トランスオーシャン航空がまだ南西航空という社名だった1978年、B737-200が就航した際に導入されたマーキングで、南国的な明るいオレンジ色と赤のストライプは当時の日本のエアラインでは他に類を見ない大胆な配色であった。

*********************************************************************
B737-4Q3 コブクロジェット

JA8597
コンセプトは「”想い”を届ける」 2009年夏から路線に投入された。
コブクロとJALの関係は2003年3月の「先得割引」テレビCM主題歌にコブクロの楽曲「君という名の翼」が起用されたことに始まる。
そして、2009年8月5日のアルバム「CALLING」の発売と「JAL presents KOBUKURO LIVE TOUR '09」を契機にコブクロオリジナルスペシャルマーキング機が登場した。
このデザインはB777-300とB737-400に各々1機づつ施された。

*********************************************************************
B737-4Q3 JTA×琉神マブヤージェット

JA8526
沖縄県で大人気の「琉神マブヤー」とのコラボレーションによる特別塗装機「JTA×琉神マブヤージェット」を就航した。
目的は沖縄県産ヒーローである「琉神マブヤー」を県内外にPRすることにある。
就航予定期間は2010年2月25日〜2010年11月末までとなっている。

*********************************************************************
B737-446 JTA×琉神マブヤージェット(2代目) 2(ターチ)
「2(ターチ)」とは、沖縄の方言で「二つ目」という意味らしい。

*********************************************************************
B737-4Q3 JTA×琉神マブヤージェット(3代目) クーバージェット

JA8526
2011年5月3日就航
「マブヤージェット」のシリーズ3代目
機体後部に描かれているのは、悪の軍団マジムンの戦闘員「クーバー」
悪役だが天真爛漫なところがあり、皆に愛されるキャラクターである。
クーバーとは蜘蛛のことらしい。

*********************************************************************
B737-446 JTA×琉神マブヤージェット(4代目)
琉神マブヤー THE MOVIE (七つのマブイ)
ポートサイド
JA8996
スターボード
JA8996
映画「琉神マブヤー THE MOVIE (七つのマブイ)」の公開を記念し就航した。デザインには映画にも登場する秋田県のローカ
ルヒーロー「超神ネイガー」も加え、沖縄から東北を応援している。
なお、"まぶい"とは沖縄の方言で"魂"のことらしい。
就航期間は2011年10月24日〜2012年3月上旬までであった。

*********************************************************************
B737-446 JTA×琉神マブヤージェット(5代目) 5(イチチ)
ポートサイド
JA8996
スターボード
JA8996
琉神マブヤーの5代目で就航期間は2012年4月27日〜9月中旬
5代目は番組に登場する不思議な石「マブヤイストーン」を背景にマブヤーとガナシーを配置したデザインが機体後部に描かれている。

*********************************************************************
B737-4Q3 ジンベイジェット

JA8939
美ら海水族館開館10周年とJTA創立45周年の記念タイアップとして2012年12月26日に登場した。
美ら海水族館の人気者であるジンベイザメが機体を独り占めしたような大胆なデザインであると共に、腹面にはしっかりとコバンザメが描かれている。

*********************************************************************
B737-446 さくらジンベイ

JA8992
2014年1月5日、ジンベイジェットの2号機として「さくらジンベイ」が登場した。

*********************************************************************
B737-4Q3 いこうよ! おいでよ! 沖縄(VOL.1)

JA8597
機体後部に大きく描かれたマーキングは沖縄県民の平常通りの暮らしである、「ほのぼの感、のんびり感」を、タイトルを囲む赤色(ハイビスカスをイメージ)は「沖縄の暖かさ、楽しさ」、そして「沖縄県民の一体感」を表現している。
路線就航第1便は2001年11月9日にNU182便(那覇⇒関西国際空港)であった。

B737-4Q3 いこうよ! おいでよ! 沖縄(VOL.2)

JA8523

JA8524

JA8525
2001年9月11日ニューヨークにおいて同時多発テロが発生した。
これに伴い、日本のアメリカ施設の警備が強化された。
極東における最大の米軍基地を有する沖縄の警備も強化された。
これらの事情により、航空機を用いた沖縄への観光旅行や修学旅行は激減した事から、「沖縄は安全です!」をPRする目的で登場した特別塗装機である。

*********************************************************************
B737-429 「Re沖縄」号

JA8932
2002年4月1日にデビューした、「Re沖縄」号
JTAが2002年度誘客キャンペーン「Re沖縄」に協賛したことに伴うものである。
運航初便は2002年4月4日NU515便(那覇→宮古)であった。

*********************************************************************
B737-400 「Re沖縄」号のロゴが小さいタイプ 
B737-4Q3
JA8523

JA8524

JA8597

JA8940
B737-429
JA8933



B737-400
JA8934




*********************************************************************
B737-4K5 パパスアイランド1号機

JA8953
日本トランスオーシャン航空の特別塗装機「パパスアイランド号」
運航期間 1998年11月4日〜1999年11月3日
「パパス」とは沖縄のアパレルメーカーのようである。那覇市の国際通りに店舗あり。

*********************************************************************
B737-4K5 パパスアイランド3号機

JA8954
2001年3月31日就航のパパスアイランド3号機。
初便はJTA182便(那覇⇒関西国際空港)
(就航予定は2002年4月9日まで)
2号機の「カジキマグロ号」は撮影機会に恵まれなかったが、3号機の「青い鳥号」は那覇空港まで赴いてなんとかGETすることが出来た。
「封筒をくわえた青い鳥」のキャラクターが描かれている。

*********************************************************************
B737-4Q3 パパスアイランド4号機

JA8930
4代目パパスアイランド号のモチーフはランニングシューズとハイビスカスの花
マーキングには、「アクティブな沖縄、そんなリゾートで着てもらいたい服パパス」のメッセージが込められている。
運航の初便は、2002年3月27日NU605便(那覇→石垣)であった。
運航は2003年4月9日までの予定

*********************************************************************
B737-400 タイトルなし
B737-429
JA8932
B737-4K5
JA8934

*********************************************************************
新導入機材と売却機材の珍しいツーショット

B732&B734
私の眼力が上がった!っと自画自賛することができた。
沖縄遠征の際、フト目に入ったJTAのB737-200
オイオイ、機首のロゴが消えてますな!
これだけなら良くあるお話。そして良く見るとNレジ。わーい。こりゃ珍機。(だと思った)早速GET。
ただこの時期(7月)、沖縄はとても暑い。
当然大量の陽炎が出ている。ロクな写真にはならなかった。なので、翌朝チョ−早起きして夜明けと共に同機をGETに赴く。
多少の陽炎はあるものの前日よりは条件が良い。
と、その時、隣のB737-400を見るとこちらもNレジ。という事は、売られてゆく機体と購入された機体のツーショットではないですか。こりゃ珍しい。
眼力と努力の賜物であると自己満足に浸った。

*********************************************************************
B737-8Q3

JA01RK

JA02RK

JA03RK

JA04RK

JA07RK

JA08RK

JA10RK





路線就航開始は2016年2月10日

*********************************************************************
B737-8Q3 二代目ジンベイジェット

JA05RK

*********************************************************************
B737-8Q3 二代目さくらジンベイ

JA06RK

*********************************************************************
B737-8Q3 空手発祥の地 沖縄

JA03RK

JA04RK
路線就航は2018年2月7日
空手が2020年東京オリンピック・パラリンピックで追加競技に採択されたことを受け、沖縄県が展開している「空手発祥の地 沖縄」の広報活動の一環として登場した。
運航期間は約半年間となっている。

*********************************************************************
B737-8Q3 AMURO JET

JA07RK
沖縄出身のスーパースター 安室奈美恵の引退発表に伴い登場した特別塗装機
引退日である2018年9月16日まで沖縄路線を主に全国を飛び回った。

*********************************************************************
B737-8Q3 ウルトラマン
ポートサイド
JA09RK
スターボード
JA09RK


トップへ  戻る


NU JTA Japan TransOcean Air